ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
ラブラブ夫婦

【要注意】奥さんの悪口を言う男は二流以下、カッコ悪いですよ。

こんにちは、みのっちです。

突然ですが、後輩に結婚について聞かれた時

「結婚したら最後だよ」

「自由を捨てるものだよ」

などと言ったことはありませんか?

はたまた、飲み会で奥さんの悪口を言ってみたりしてませんか?

これ、言ってる人多いと思います。

気持ちは分かりますが、正直に言ってカッコよいと思いますか?

みのっち
みのっち
僕は先輩に質問した時にこのようなことを言われました。

正直その先輩がカッコいいとは全く思いませんでした。

なぜなら、きっとこの人は結婚したことを後悔している人なんだと思ったからです。

今回は良い夫婦関係を良好にするだけではない、男として大切だなと思うことについてお話していきたいと思います。

この記事で分かること
  • 男なら自分の奥さんを褒めるべき
  • 奥さんを褒めれる男は信頼できる

ラブラブな夫婦の男の方がよっぽど信頼できる

独身の後輩があなたに結婚について尋ねたとします。

その質問にあなたはどう答えますか?

  • 「結婚!?結婚したら終わりだよ。最悪最悪」
  • 「結婚は大変なことも多いけど、結婚したら人生変わるよ。毎日楽しいよ」

この二通りを本心から答えていたら、相手はどっち信頼しますか?

どちらに結婚や夫婦生活のアドバイスを求めるでしょうか?

当然、後者ですよね。

なぜなら、うまくいっていない人より、うまくいっている人に聞く方が良い結果になると思うからです。

そして、笑顔で奥さんのことを褒めている男性をみて、輝いている・カッコいいと思うのではないでしょうか?

ちなみにですが、良い夫婦を装っていてもバレます。

職場の女性に良い顔をしようと妻を褒めても、飲み会などで愚痴っていたらいつか情報が洩れます。

結局バレる上に嘘をついていたと幻滅されます。

なので、この後どうすれば良いか説明していきますので、ぜひ実践してみてください。

なぜ日本人は奥さんを下げることを美徳とするのか


日本人は他国に比べると、パートナーを褒めるより下げることが美徳とされている国のようです。

この理由を個人的に考えました!

  1. 『協調性や同調性』が美徳とされる日本ということ
  2. 『謙虚さや謙遜すること』が美徳であること
  3. 身内や内輪のことを公にしない傾向があること

この3つのことをまとめると、身内(奥さん)を褒めることは、謙虚さがなく同調性に欠け、美徳に反するということになるのかと思います。

つまりは、『恥ずかしいこと』という雰囲気があるのではないかと思います。

ですが、本当は奥さんのことを褒めている人の方が圧倒的にカッコいいと思います。

その理由をこれからさらに説明していきます。

奥さんを下げることはあなた自身を下げること

なぜ僕が、ここまで奥さんを下げたり、悪口を言うことがカッコ悪いと言うのか。

このことを疑問に思われる方もいるかもしれません。

ですが、よく考えてください。

  • 今までの恋愛の中で、今の奥さんを選んだのは誰ですか?
  • 結婚に踏み出そうとした選択は誰がしましたか?
  • 夫婦生活での日常に関わっているのは誰ですか?

すべて「あなた」が関わっていますよね。

いや、むしろあなたの選択と言って過言はないと思います。

つまり、奥さんの悪口を言ったり、人生最悪だということは、あなたがあなた自身で自分の選択の価値を下げるもしくは、否定しているのと同じなのです。

そんな自分の選択に自信を持てない人を誰が信頼するでしょうか?

誰がカッコいいと思ってくれるのでしょうか?

むしろ、あなたをカッコいいと思ってくれているのは、一番近くにいる奥さんではありませんか?

その奥さんのためにもカッコいい男であってほしいと思います。

奥さんを褒める男になろう!

ここまで説明してきて伝えたいことは一つです。

奥さんを褒める男になりましょう!!

それだけで、あなたは自信のある男性にほかの人から見られるようになります。

なぜなら、あなたは自分の奥さんを大切にし、自分の選択に後悔していない人になるからです。

自分に自信のある男は輝いて見えます。

その一歩が奥さんを褒めることなんて、ラブラブ夫婦において最高なことではないですか?

ラブラブと思い込んでしまおう!これも夫婦関係を良好にする方法

先ほど、嘘はバレるという話をしました。

当たり前ですが、嘘の夫婦生活などバレます。

日常生活の大半が夫婦生活なので、愚痴なんてすぐに溜まりますし、それをコントロールできる人は極僅かです。

では、どうしたらラブラブ夫婦になれるのか。

それは「習慣化」することです。

2人でラブラブな夫婦になる目標を話し合い、「意識」して日々を過ごしてください。

ラブラブになる方法は女性側にも課題がたくさんあります。

お互い意識し合って生活すると、どこかで習慣化します。

その時はすでにラブラブ夫婦になっていると思います。

他にも記事を書いているのでぜひ、見ていただけると嬉しいです。

 

まとめ

今回伝えたかったことは、『奥さんを褒める男の方がカッコいい』ということでした。

奥さんの悪口を言うことは、あなた自身の至らなさをさらけ出しているのと同じです。

そんな恥ずかしい男にはなってほしくありません。

そして、このことに気がついた人はきっと悪口がなくなっていると思います。

今回の記事を読んでみて、奥さんを褒めてみようと少しでも思ってもらえたら嬉しいです。

そして、カッコいい男になって、奥さんとラブラブになってもらえたら最高です。

僕らが書いている記事がいつかラブラブな夫婦あふれる日本につながることを願っています。