ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
看護師

仕事に役立つ! 『看護師から好かれる究極の方法』を教えます

新人看護師
新人看護師
先輩に嫌われたくない
新人看護師
新人看護師
どうしたら好かれるのかな?

誰かに好かれたいと想うのは当然の気持ちです。

僕も嫌われるより好かれたいと思っています。

そもそも、嫌われたいと想う人はいないと思います。

なぜなら、人は誰かに認められて自我を形成するからです。

では、どうしたら人に好かれるのでしょうか?

今回は、人に好かれる方法について話していきたいと思います。

こんな人に読んでほしい
  • 人間関係に困っている人
  • 好かれる方法を知りたい人
この記事で分かること
  • 返報性の原理は人間関係において大切
  • ギブを増やすことが好かれる近道
  • こんなギブから始めよう

返報性の原理

突然ですが、『返報性の原理』という言葉をご存知でしょうか?

返報性の原理

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱く原理

つまり、人は相手から何かをしてもらうと借りができたと感じて、お返しをしたくなると言うことです。

こんなの当たり前じゃんと思う人もいるかもしれませんが、この原理をうまく使えていない人はたくさんいます

みのっち
みのっち
なので、今回はこの原理から人に好かれる方法を解説していきたいと思います。

ギブ&テイク

この言葉はよく耳にしますよね。

人の関係はこの言葉の通り、ギブ&テイクで成り立っています。

基本的な考え方として、相手にギブする(施しをする)人は相手から好かれます。

しかし、テイク(もらう)ばかりの人はやってもらって当たり前と考えているので、相手から嫌われる傾向にあります。

これは何となくわかりますよね?

職場でも同じようなことを感じることはあるでしょう。

つまり、返報性の原理もギブ&テイクも『人に何かをすることで相手からお返しがもらえる』ということです。

ギブをたくさんしよう

つまり、好かれるためにはギブを増やしていく必要があります。

テイクばかりの人は人から好かれません。

だからこそ、ギブを増やすことが人から好かれるための近道です

今回は返報性の原理を職場での人間関係に応用して解説していこうと考えています。

あいさつをしよう

一番簡単なギブからしてみましょう!

では、まず職場で自分から笑顔で挨拶をしてみてください

すごく簡単なことですね。

でも、この記事を見ても実行しない人が大半だと思います。

なので、やる人が少ないことは圧倒的に効果的です

挨拶は無料です。労力もほとんどかかりません。

ですので、まずは挨拶をしてみてください。

それだけで会話の切り口にもなるし、相手にギブすることができます。

ギブの入り口は挨拶ということを覚えておいてください。

先輩の手伝いをしてみよう

自分の担当患者さんの事だけでなく、同じチームの先輩の周辺業務を手伝ってみましょう。

みのっち
みのっち
もちろん自分の業務がしっかりと終わっていて余裕がある状態で行うことは必須ですよ。

いつもフォローしてもらっている先輩に対し、自分にできることでお返しするのです。

これもギブになります。

テイクをギブで返すことで、先輩の評価も上がります。

そして、またあなたに先輩からギブが返ってきます。

嫌な相手でもしっかりとギブをしましょう。

時にテイクばかり欲しがる人がいます。
手伝いたくないですよね。

しかし、あなたはギブをする習慣をつけるために人を選ばずにギブし続けたほうが良いです。

この習慣が身に付くだけで、あなたは将来的に多くの人からギブをもらえるようになります。

旅行に行った時に個別にお土産を買ってみよう

旅行などに行くとお土産を買うと思います。
このお土産は大体すべてのスタッフに対して購入しますよね。

しかし、日頃からお世話になっている人には、せっかくの機会ですので個別にお土産を買ってみてください。
個別にお土産を買うと高くつくので、少人数で構いません。

あなたが、本当に尊敬している人や感謝している人にお土産を買いましょう。

すると、ここで返報性の原理が働きます。

先輩は次に旅行に行った際にきっとお土産を買ってくれるでしょう。

ですが、今回の目的はお土産を返してもらうことではありません

関係性を築くことです

具体的にどういうことなのか、これから解説していきます。

返報性の原理が働くときこそ関係性を築こう

返報性の原理が働いている時は、相手のベクトルが自分に向いています。

あなたはこれまでたくさんのギブをしてきました。これは少しずつ貸しを作ってきたことになります。

相手は貸しがあるため、あなたに強く出れなくなります。

この時が関係性を築く良いタイミングです。

これは、先輩の上に立とうとするわけではありません。
人間関係の構築の上で、この原理を使用するとスムーズでかつ相手から好かれやすくなります。

そして、このギブが関係性の切り口になって、話す回数が増えたりします。

自然とここまでできている人もいますが、多くの人はこの作業をしません。

なので、誰もやらないことをすると目立ちます。

すると注目が集まるので、より返報性の原理を有効に使うことができるようになります。

単純接触効果

また、心理学者ロバート・ザイアンスの単純接触効果というものがあります。

単純接触効果

繰り返し接触することで、好意度や印象が高まる効果

つまり、返報性の原理で相手との接点を多く作っていくと自然と単純接触効果が高まるのです。

あなたも長く付き合っている人の方が好意を持ちますよね?

それを仕事上でも発揮すれば、必ずあなたは周りの人から好かれる人間になります。

あなたが新人看護師なら、先輩にこまめに報告連絡相談をしましょう。
これは新人看護師ができる先輩への一種のギブです。

先輩は指導(テイク)をしてくれます。

そうしたら、それにあなたは成果(ギブ)で返すのです。

すると、自然と先輩と関係性が作られ、可愛がられるようになるでしょう。

そして、接触回数が増えることで、より丁寧な指導、暖かな雰囲気、良質な情報が確保されます。

すると、自然と成長する環境が整います。

この作業を複数の先輩とやってください。

新人看護師はできないことが多く、すぐに信頼される人にはならないかもしれません。

ですが、不器用でも誠実で一生懸命な人は信用され、大切にされます。

そのためには、あなたが先輩に意識的に日々ギブをしていき、関係性を築く下準備をすることが大切なのです。

今日からすぐできることなので、ぜひ取り組んでみてください。

すぐに効果はでないと思いますが、必ず気がついたときにあなたは周りの人から信頼され、好かれていると思います。

まとめ

何においても人に好かれるというのは大切な技術です。

仕事をしているとどうしても人間関係が関わってきます。

人に好かれることで仕事はしやすくなり、成長度合いも高まります。

なので、ギブをたくさんしてみてください。

そして、何か1つでもいいのであなたの魅力を発揮してください。

先輩から一緒に仕事がしたいと思われるあなたになってください。