ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
看護師

人間関係は考えすぎない! 『悩む』より『コントロール』

人間関係の悩みってつきませんよね。

僕自身も良く悩んでいました。

周りの目や評価を気にしたり、嫌われたくないって思ったり、相手にストレスを感じたりしました。

ですが、実はこれらすべてが無意味でした。

今回は人間関係を深く考えすぎている人に向けて、悩まないでコントロールする方法についてお話しをしていきたいと思います。

この記事で分かること
  • 他人は変えられない
  • 人間関係に悩むのはやめよう
  • 人間関係をコントロールするコツ

他人はコントロールできない

結論なのですが、これは絶対です。

他人をコントロールできたらどれだけ良いかといつも思います。

理想的な人がいたら自分に好意を向けさせたり

上司に自分の理想通りの評価をさせたり

嫌な人を良い人にしたり

なんでも自由です。

ですが、これは叶わぬ願いですよね。

みんな知っています。

なのにも関わらず、私たちは人間関係に悩みます。

「なんで上手くいかないんだ」

「なんで理解してくれないんだ」

他人は変えられないのに、人間関係に悩みます。

矛盾していますよね。

でも、この記事を読んでいるということは、人間関係を好転させたい、上手く関係を築きたいと思っているということですよね。

では、人間関係を悩まないでコントロールする具体的な方法についてお話ししていきます。

人間関係に悩むのはやめよう!

まず悩みはなぜ生まれてくるのでしょうか?

悩まなくなるためには、この原因を追究する必要があります。

簡単に言えば、この原因が分かり悩まなくなれば悩みは消えます。

そこまで簡単な話ではないとは思いますが、それでも対処することができるようになります。

それでは、原因を探っていきましょう。

先ほども話したように他人はコントロールできません。

でも、私たちは他人に「期待」をしてしまいませんか?

夫婦関係であれば、〇〇をしてくれるだろう。

仕事であれば、〇〇くらいはできるだろう。

このような「期待」が叶わなかった時あなたはどのような気持ちになりますか?

残念・怒り・裏切られた

このような考えが浮かんでくると思います。

ストレスというのは、自分の「願いや理想」と「現実」のギャップで発生します。

つまり、期待値が高い程、代償は大きくなるのです。

少し立ち止まって考えてみましょう。

この感情の発生の原因はどこにあると思いますか?

期待した相手が裏切ったからですか?

違いますよね。

あなたが勝手に期待をして、それが裏切られたとあなたが勝手にストレスを感じただけです。

すべて「あなた」に原因があります。

つまり、考え方次第でどうとでもなるということです。

人間関係に悩みたくなければ、あなたが悩まなければいいのです。

少し心は軽くなりましたか?

これから人間関係のコントロールの仕方についてお話ししていきます。

すべては自分次第

ここまで人間関係のストレスは自分にあることをお伝えしてきました。

これからはその人間関係を少しでもコントロールしていく方法についてお話ししていきたいと思います。

いろいろな項目の話は出てきますが、いずれも大切なキーワードは『すべては自分次第』です。

このキーワードだけは心にとめて対策を参考にしてください。

感情のコントロール

相手の言葉にイラっとすることとかありますよね。

この時に自分の気持ちに素直に言葉にするとあなたの心は健康になりますが、喧嘩になります。

人間関係も悪い方向に向かっていってしまいます。

私たちは感情から言葉を発しているのですが、実は言葉が感情を作る場合もあることをご存知ですか?

言葉で感情をコントロールしてみよう。

相手にギブを与える

みなさん、相手に贈り物はしていますか?

これはお土産をあげたりすることではありません。

気持ちをプレゼントしていますか?ということです。

人間関係を好転させるコツとして、相手との接触回数増やしたり、相手に貸しを作ることは有効です。

そして、陰口よりかは陰で褒めると周囲の評価も変わってきます。

相手に関心を向ける

私たちは自分に関心が向きがちです。

人間なので当たりまえなのですが、これを他人に向けていきましょう。

これはギブにも近いものなのですが、人間関係を構築したいと思うのであれば、相手のバックグラウンドをしっかり理解するくらい関心を持ってください。

部下の信頼を得るためには上辺だけでは難しいです。

相手の関心に関心を持つくらい相手のことを理解しましょう。

相手に求めすぎない

部下が仕事をしてくれない。

気持ちわかります。ストレスですよね。

そういう時は、部下をAIと思うことも大切です。

期待と現実のギャップに辛くなるので、過剰な期待をかけないために自分自身の意識を変えていくことも大切です。

いつだって変わるのは自分!

相手ばっかりで自分は我慢してると思ってしまう気持ちは分かります。

ですが、相手もどこかで我慢している部分があるかもしれません。

それに我慢というのは自分をコントロールできているということです。

自分をコントロールできる人間は、この先必ず成長します。

その成長の先に成功があるかはわかりませんが、コントロールできない人間より確実に成功に近づいています。

自分のためと思って、自分を変えていきましょう。

それだけで、あなたはどんどん輝きを増していきます。

今は想像できないかもしれませんが、自分を信じていきましょう。

いつだって変わるのは自分です。