ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
新人看護師

【実は……】あなたは「指導者」を選ぶ権利を持っています

あなたがいる病棟には多くの先輩がいます。

そして、それぞれ改善策をアドバイスしてくれます。

ありがたいですね。

でも、時々どちらの指導を聞いたらよいのか迷う時ありませんか?

同じ処置の話でも、先輩ごとに言うことが違うことはよくある話です。

みのっち

新人の相談でも常にトップ5には入ってます。

まこまん

あるあるですね。

さて、ではどちらの先輩の指導を受けたらよいのかお話していきます。

この記事を読めば、あなたの迷いもなくなると思います。

こんな人に読んでほしい
  • 新人看護師
  • 先輩の指導に悩んでいる人
  • 先輩の顔色をうかがってしまう人
この記事で分かること
  • 指導されたことの選択は自分でしてよい
  • 前提として一度やってから選択する

【結論】あなたは指導者を選ぶ権利を持っています

ある先輩は仕事は業務が整理されたシートを使うといいよと言いました。

ある先輩は仕事は時間軸で整理されたシートを使うといいよと言いました。

どちらの理由を聞いてももっともらしく聞こえます。

では、どちらの先輩の指導を受けていけばいいのでしょうか?

まだ経験値が少ない新人看護師には、どの先輩の方法が効果的で正しい結果が得られるのかわかりません。

しかし、しかもいろいろな先輩がそれぞれに思い想いの指導をします。

しかし、ここで悩んでほしくはありません。

なぜなら、あなたには『指導者を選ぶ権利』があるからです。

全員のアドバイスを聞くことは、はっきり言って不可能です。

ですので、誰の指導を聞くのかはあなたが選択して良いのです。

みのっち

看護師の指導は指導される側のことをあまり考えていません。

ですので、あなたが取捨選択することが大切です。

まこまん

でも、これはどんな仕事でも言えてるかもしれないね。

【前提】アドバイスしてもらった事はまずやってみる姿勢が大切

しかし、どんなアドバイスも新人看護師の時期は「まずはやってみる」という姿勢が大切です。

それは先輩に対する配慮ももちろんありますが、それ以外に情報としてインプットできるからです。

時にはやってみても納得ができないアドバイスもあります。

そんな時は、「これも1つの視点だ」と捉えてみてください。

それでよいのです。

これはあってほしくはないのですが、時にあなたの尊厳を大切にしないよう指導があったならば、「この人から見ると私の行動はこんな風に映っているのだなぁ」と思う位で良いです

大切な事は

アドバイスを聞き分ける基準を持っておくことです。

この人は参考意見として話を聞く人

この人は考え方や方法を教わる尊敬できる先輩

この違いを自分で認識しておくことが大切です。

みのっち

新人の頃は先輩の指導は絶対って思っていたから、なんとか全部クリアしなきゃて思っていたな。

できっこないんだけどね。

まこまん

そうだよね。

新人だから指導に背くと生意気って思われそうだし。

みのっち

だそうだね。だから『姿勢』が大切だよね。

自分は一度やってみましたって感じで。

まこまん

確かにそうだね。

その先輩の指導が全てではないし、一度やってみたけど、やっぱりこの方法だって思うこともあるしね。

みのっち

そうそう。

昔は余裕がなかったから、先輩の指導を取り入れ入れられる量をその都度自分なりに調整してたかな。

今回は自分が納得できたところだけ取り入れてみよう。

今回は全部取り入れてみよう。こんな感じで。

みのっち

伸びる看護師の法則は、挑戦することです。

そのためには、先輩に気に入られたり、失敗を恐れないことが大切です。

まずはやってみる精神で取り組んでそのあと選んでしましょう。

https://tomomakoblog.com/nursenayami1/ https://tomomakoblog.com/nurseseityou/

こんな先輩を選ぼう

ここまで指導者をあなたが選んでよいという話をしてきました。

では、どんな先輩がいいのでしょうか?

先ほども少し話をしましたが、「アドバイスを受ける程度の人」と「この人についていくぞという人」は全く違います。

それは、あなたの看護師人生に大きく影響する人だからです。

そのため、指導者を選ぶポイントをお伝えします。

あなたにとって

  • 指導内容がわかりやすい人
  • 指導してもらうとやる気が出る人
  • 指導されたことの実践が結果として出る人
  • 経験値が高く尊敬できる人

こんな先輩を意識的に選ぶことがお勧めです。

理由は、メンタル的に向上する指導をしてくれる先輩の方が、やる気が出るからです。

前向きな思考で受ける指導は、必ず伸びる指導になります。

尊敬できる先輩ならなおさらです。

だからこそ、このポイントに当てはまる先輩を見つけてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

いずれ経験値が増えてくれば、それぞれのアドバイスから自分にとって好ましい要素を取り出すことができるようになります。

それまでは、あなた自身に知識をインプットしていく作業が大切になります。

納得できないアドバイスだって自分に好まし要素の一つかもしてません。その時は気がつけなくても、後々気がつくかもしれません。

だからこそ、一つの視点として受け取ることが大切なのです。

なにはともあれ、『あなたは指導者を選ぶ権利がある』

これだけは忘れないでください。

あなたの職場に素敵な先輩がいることを祈っています。

陰ながら応援しています。