ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
看護

【論理思考】あなたの説得力が爆あがりする最強の看護師の思考

「正直、何が言いたいかわからない」

こんな悲しいことを言われたことはありませんか?

もしくは、真剣に話しているのに、なぜか相手が退屈しているような気がすることはありませんか?

私は新人看護師の時は毎日のようにありました。

自分が伝えたいことが、なかなか理解してもらえない。

時には悪い方に勘違いされた経験もあります。

この解決方法はズバリ論理思考です。

論理って難しいですよね。

今回はそんなコミュニケーションの前段階に行う論理思考についてのわかりやすくお話したいと思います。

論理思考↔︎感情思考

論理(ロジカル)

議論・思考・推理などを進めていく道筋

思考の形式・法則。また思考の法則的な繋がり

つまり、論理思考は「物事を筋道を立てて考える力」のことです。

では、論理思考と感情思考を考える前に、まずは論理性のチェックをしてみましょう。

自分の考えを誰かに伝えたり、自分で考える場合、次のようなことを感じることはないか?

□頭の中に浮かんだことをそのまま弾丸のように言う。
□話していると、相手がイライラしていると感じる。
□「何を言いたいかわからない」と言われる。
□同じことを何度も言ったり、言いたりなさを感じる。
□内容よりも、感情で訴えることが多い。

このチェックに一つでも該当する項目があれば、頭の中で整理せず、感覚的、感情的な思考で発言している可能性があります

あなたはどうでしたか?

看護師は感情を読み取ったり、感情面で訴えることが多いため、該当する人は多かったのではないでしょうか。

私も該当する1人です。

そんな看護師は一方で、論理的に考えたり、説明するのを苦手とするのも事実です。

ちなみに、感情思考が悪いと言う話をしているのではありません

相手が同じ考えをもっている場合は、その理由を示さなくても同意が得られます。

ですが、相手が異なる考えをもっている場合は、理由を明確にしなければ相手を納得させることはできません。

つまり、人に説明する上で、物事の道筋を立てて考える論理思考が有効であるということなのです。

看護師は感情的に物事を意見することが多く、意見がぶつかると白熱しやすいのが特徴です。

それでは相手を説得するのは難しくなります。

そのために、自分自身の思考を整理する必要があるのです。

「ロジカル風な人」にはなるな!

しかし、この話をするとすぐに「論破」に結びつく人がいます。

こんな事例を出してみます。

A「手指消毒の消費量を増やすために、毎月消費量が少ない人を発表しようと思うんだけど」

B「どうして?」

A「だって、手指消毒剤の消費ノルマが全然達成しないし、他の病棟でやっていたって聞いたから」

B「え?この病棟の問題点も考えないで、他の病棟でやっていたから始めるなんておかしな話じゃない?」

A「はぁ?」

B「まずはどうして消毒剤の消費量が少ないのか分析することが先だよ。問題点を見つけてから、解決策を考えないとダメだろ」

A「もう科長にやりますって話しちゃったもん」

B「いやいや、さっきも言ったけど、別の病棟でやったからうまくいくとも限らないし、発表される人のことも考えろよ」

A「じゃぁどうすればいいの?文句ばっかりで、私の苦労も知らないで勝手な事言わないでよ」

B「そういう問題じゃないだろ。全く、これだから論理思考力のない人は困るよ。すぐに感情的になるし」

こんな風に理屈っぽくて、融通が効かなくて、マウント取りがちで、人の心がわからない。

そんなイメージではないでしょうか?

しかし、それは間違いです。

これは論理的な感じを装っているだけの「ロジカル風の人」です。

論理思考は、相手が納得できるように筋道を立てるため、相手の立場や置かれている状態、理解力など総合的に判断し、説明する思考法です。

そのため、相手のことをよく考えなくてはいけません。

もちろん、論理だけでは人の心が動かないという意見もわかります。

だからこそ、人の心を操るのが上手い人は、論理思考も感情思考も上手に使い分け、多くの人から理解を得られる人なのです。

論理思考のポイント

  • ①言いたいことの理由はあるか。
  • ②言いたいことの整理はできているか。
  • ③言いたいことの漏れやダブりはないか。

論理思考のポイントは、この3つの意識しながら考え進めることです。

①のように理由を明確にすることは、説得力を高めるのに非常に重要です。

人は意思決定の際に、判断基準を基に判断結果を導き出します。

その判断基準が明確になると、相手は納得しやすくなるのです。

また、判断基準が膨大にあると人は判断力が鈍ってしまします。

そのために、②③のように判断結果を導くための判断基準を漏れなくダブりなく整理することで、相手がゴールに辿り着きやすくなるのです。

これが論理思考の大切なポイントになります。

まとめ

私たち社会人は、どうしても他者に説明をしたり、語らなければいけないタイミングがあります。

その時に、相手に理解してもらえるのと、してもらえないでは仕事のしやすさに大きく影響してきます。

自分が言いたいと思っていることほど、感情的になってしまいます。

そんな時こそ一呼吸置いて考え、整理をして相手に伝えるのを心がけてみてください。

論理思考で説得力を爆上げさせよう!