ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
看護学生

【看護学生】入職までにすべきこと【この差が後々大きな差になります】

「入職する前に何を勉強すればいいですか?」

この間、すごく熱心な看護学生さんに質問をされました。

私は入職前に勉強しようとは思っても、誰かに聞いたり、自ら行動しようとしませんでした。反省です。

でも、この学生さんは自分から行動できる良い素質のある方だなと思いました。

さて、この学生さんと同じようにこれから入職するあなた。

入職までにすべきことはなにかについて話していきたいと思います。

こんな人に読んでほしい
  • 看護学生
  • これから新しい職場に転職する人
  • 国家試験合格して時間に余裕のある人
この記事で分かること
  • まずは看護技術を勉強すること
  • 看護技術は無料動画を繰り返し視聴する
  • 専門書は後回しでもよい

この差が後々大きな差になります

看護学生として国家試験を乗り越え、合格通知を待つだけとなったあなた。

これからあなたは本物の『看護師』になります。

そして、入職までの一時的な間、あなた自由時間を手に入れます。

――ここまでは皆平等です――

ですが、この期間に少しの努力を「するか」、「しないか」で入職してからのスタート地点が変わります。

「入職すればみんな同じことを教えてもらうんだから今努力したって無駄だよ」

「仕事をしているうちに追いつくから大丈夫です」

皆さんそう思いますよね。

私もそう思っていました。

残念ながらこの期間の使い方次第で、今後のあなたの看護師人生は変わってきます。

でも、これからやることを少し意識して行うだけで、あなたは他の同期より一歩前を歩けるようになります。

そして、1年後はもっと先を歩いていると思います。

入職までにすること

でも、準備って何をすればいいのかわからないですよね?

では、具体的に何をしたら良いのか話をしていきます。

結論:『勉強』をしましょう

結局これにつきます。

どんな仕事もそうだと思いますが、やはり看護師は一生勉強とはよく言いますが、ほんとにその通りだと思います。

特に新人看護師の1年は、はっきり言って毎日が忙しく過ぎていきます。

毎日仕事に追われ、覚えることも多いです。

くたくたで帰宅してからでは勉強する時間もなかなか取れないと思います。

だからこそ、事前に学習しておくことは大切です。

「まだ、勉強しなきゃいけないの?」

「ここまで勉強してきたから大丈夫」

そう思うかもしれませんが、正直に言います。

あなたが行ってきた机上の勉強だけでは実践することはできません

私は今まで様々な看護学生や新人看護師を見てきました。

机上の勉強をたくさんしてきたという新人看護師もいましたが、やはり実践となるとできません。

それはなぜか

その理由は、机上の勉強を臨床での活用に置き換える作業は簡単ではないからです。

では、この理由について具体的に説明していきます。

入職前はイメージトレーニングをしよう

あなたはここまで国家試験の勉強を頑張ってきたと思います。

基本的な知識は抑えたから、次は入職先の診療科の専門的な勉強をしていこう!

そんなことを思ったりしませんでしたか?

はっきり言いますが、それはやめた方がいいです

先の項目でも書きましたが、机上の勉強を臨床での活用に置き換える作業は簡単ではありません。

なぜなら、経験のない世界はイメージするのが難しいからです。

そのため、一生懸命に専門書を読んでも、経験のない処置はイメージすらできない可能性があるからです。

そのため、入職前の勉強で大切なことはイメージトレーニングなのです。

では、イメージトレーニングはどうやって行うのか。

これから説明していきます。

みのっち

入職してからの勉強方法については

この記事に書いてあるので読んでみてください。

https://tomomakoblog.com/kanngostudy/

まずは最も活用する看護技術から勉強する

まず、勉強してほしいことは、『看護技術』の復習です。

理由は、看護技術は必ず使うためです。

この勉強はどんなにしても無駄にはなりません。

そして、入職して最初に行う技術であるため、出番が早く、看護師人生において行う回数が多いのです。

だからこそ、最初に勉強するのであれば、看護技術の勉強をオススメします。

「また看護技術の勉強ですか?」

いいえ。違います。

先ほど話したように、『イメージトレーニング』で、看護技術の勉強をするのです。

今まであなたが実践してきた机に座って行う勉強ではありません。

自分の行動ひとつひとつが体に染みつくように勉強をするのです

ではどうやってイメージトレーニングすれば良いのか。

オススメの方法を1つ紹介します。

看護roo!と言うサイトの

『動画でわかる看護技術』を繰り返し視聴することです。

このように、部分的に分けて動画が視聴できるため、一つ一つの技術が細かくイメージトレーニングすることができます。

先ほども話したように、看護技術は確実に覚えなくてはならない技術です。

入職してから勉強していては、他の専門的な勉強や体験の機会を失ってしまう可能性があります

そのため、事前にイメージトレーニングをしておいて、入職してからそのイメージを実際と結びつけるだけにしておきましょう。

そうすれば、最初の学習の負担がグッと減ります。

反復練習を怠らない

先ほど話した方法で勉強する際に一つ注意してほしいことがあります。

それは、一回動画を見ただけで満足しないことです。

必ず、繰り返し動画を視聴し、反復練習してください。

なぜなら、イメージトレーニングは仕事でつかえるレベルまで実施することに意味があるからです。

仕事で使えるレベルにするためには、インプットとアウトプットを繰り返し体にしみこませる必要があるのです。

インプットとアウトプットの方法にはコツがあります。

【インプット】

  • 手を動かし声に出しながら手順を完全にコピーする
  • 表示されているポイントをメモして覚える

【アウトプット】

  • 動画見ずに繰り返し暗唱できるようになる
  • ポイントを先輩風に自分に問いかけて答える
  • 友達に教える

1人でできるようになるには、一定水上の反復練習が必要です。

これは仕事を始めても同じことで、実践を繰り返すことで手技を覚えます。

仕事が始まる前の自由時間を有効に使い、反復の回数を稼ぎましょう。

事前の勉強には副産物がある

一人である程度できるまで、イメージトレーニングを繰り返し行うと入職してから良いことがあります。

それは先輩看護師が可愛がってくれることです。

「なんでもできるようになっているとむしろ目をつけられそう」

先輩が良いように思わないか心配ですか?

「大丈夫」です。

そもそも、この記事を読んでもイメージトレーニングを実践する人なんてほとんどいません

事前に勉強する人なんてほとんどいないのです。

だからこそ、先輩看護師はやる気があると受け取ってくれるはずです。

先輩が可愛がってくれる後輩は確実に伸びます。

だからこそ、事前に勉強をした人は伸びるのです。

あわせて、この記事も読んでみてください。あなたの努力は必ず評価してくれる人がいます。

https://tomomakoblog.com/nursenayami2/ https://tomomakoblog.com/nurseseityou/

息抜きもしておく

ここまで勉強について話してきましたが、やはり自由時間です。

学生期間を楽しめるのは今だけです

今しかできないことも楽しんでください。

ただ就職してからも休みは意外とあります。なので、勉強と両立させて輝く看護師になってください。

心と体の健康は繋がっています。息抜きをすることで勉強の効率も上がります。

ぜひ、友達と遊んだりしてください。

その友達が今後辛い時にあなたを助けてくれる可能性もあります。

息抜きも大切です。

まとめ

いかがでしたか?

看護学生が終わったからと言って、気は抜けません。

むしろ、他の人がやらなくな時期こと、他の人を出し抜くチャンスでもあります。

あなたが真剣に看護師として成長していきたいと思うなら、まずは看護技術の土台を入職前に固めてください。

そうすれば、専門知識の吸収する時間をたくさんとることができます。

イメージトレーニングをたくさんして、一歩先に進んだ新人看護師になってください。

陰ながら応援しています。