ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
モルモット

【モルモット購入手順】用具はペットショップで揃えなくても大丈夫!

まこまん
まこまん
おはもじゅ!

まこまんです。

今回はモルちゃん購入編です。

みのっち
みのっち
いざ飼うとなると用具選びが大切なので、詳しく解説していきたいと思います。

モルモットを飼おうと決めたあなた。

これから可愛いモルちゃんを選ぼうとしています。

新しい家族との生活にドキドキ、ワクワクしますよね。

その気持ちわかります。

ですが、モルモットを家族に迎える前にモルモット用具は用意はしていますか?

情報収集はしたけど、用具はペットショップで揃えればいいや」と思っていませんか?

おそらく、大半の人が準備をしていないと思います。

なので、今回は「モルモットがどうやっておうちまで来るのか」、「モルモット用具の準備」について説明していきたいと思います。

モルモットの飼育については、『【完全版】モルモットを飼おうと思っている人が知るべき8つのこと。』にまとめてあるので、そちらもご覧ください。

こんな人に読んでほしい
  • これからモルモットを飼おうと思っている人
  • 何を準備したら良いかわからない人
  • 用具選びを間違えたくない人
この記事で分かること
  • 用具は前もって買っておいても良い
  • 実はペットショップで買うよりもおトクな方法
  • モルモットの購入の流れ

結論:用具はどこで揃えても良い!

さっそく結論なのですが、モルモット用具はどこで揃えても問題はありません!

ペットショップが信用できるのであれば、そこで買えばよいと思います。

生活してて合わなければ買い替えればよいわけですし、私たちが生活してて家具を買い替えたりするのと一緒です。

しかし、しっかり吟味して考えたいのであれば、ネットショップや実際にペットショップやホームセンターを回って確かめてみることをオススメします。

みのっち
みのっち
新しいテレビが欲しかったら電気屋さんやネットで調べますよね?

それと同じことです。

ですが、ペットショップにあるもので全てを揃えると、時に実用的ではないものも購入してしまう可能性があります

なので今回は、モルモットをお家に迎えるまでの流れと、用具のポイントについて説明していきます。

まこまん
まこまん
私たちが個人的にオススメの商品も紹介していきますね。

モルモットがお家に来るまでの流れ

  1. ペットショップに行く
  2. 好きなモルモットを選ぶ
  3. 購入手続き(書類や会計)
  4. モルモットの飼育方法を店員から聞く
  5. モルモットサイズの段ボールケースに入ったモルちゃんを一緒にお家に帰る

大まかにこのような流れです。

モルちゃん購入の際に店員さんは「エサ」や「ゲージ」について説明し、購入を促してきます。

ですが、ゲージに入れて連れて帰るわけではないので、正直言うとお店で何でもそろえる必要はないのです。

ケーキを持ち帰る時の様な小さな段ボールケースでお家に帰るので、お家にモルちゃんの準備ができているのであれば、ペットショップで買わなくても良いと思います。

まこまん
まこまん
私たちは実際、ペットショップでゲージを購入したのですが、結局本人に合わせてもう一回ゲージを購入しています。
みのっち
みのっち
ゲージは2個買うと多頭飼いでなければただの荷物になってしまいますので注意です。

ペットショップで購入しなくてもよいもの

飼育においての必須アイテムなどは、『【完全版】モルモットを飼おうと思っている人が知るべき8つのこと。』をご覧ください。

ここでは、「ネットで購入しても問題ないもの」を説明していきます。

ゲージ

モルモットのゲージは大きいペットショップなら複数揃えていると思います。

ですが、おうちに合わせた大きさは考えていますか?

実際にゲージを買ってお家に帰ってみたら、思ったよりゲージが大きかったりする可能性があります。

ウサギやモルモットのゲージはハムスターとは違い大きいです。

イメージしづらいかもしれませんが、小さいものでも60×40㎝くらいの大きさがあります。

みのっち
みのっち
僕らが使っているゲージは81×50.5×55cmです。

大きさはイメージできますか?

たたみ約一畳分のイメージで良いかと思います。

ゲージはどこに置くのか、置くとしたらそのスペースにゲージは適しているのかイメージをしておくことが大切です。

まこまん
まこまん
先ほども話しましたが、私たちは実際にペットショップでゲージを買い、結局買い替えています。

モルモットの飼育は初めてでしたので、知識がなかったため流されるようにペットショップで購入しました。

もし、今の知識があったらゲージを正しく選べたなと後悔しています。

なので、今回はモルモットのゲージの種類とメリット・デメリットを説明していき、皆さんが前もって愛するモルモットのお家を準備できるようにしていきたいと思います

私たちが個人的にオススメしているゲージも紹介していますので、良かったら『コチラ』をご覧ください。

ゲージ選びのポイント

  • 床の形状(掃除のしやすさ)
  • 素材(噛んでも大丈夫か)
  • 使いやすさ(持ち運びなど)

このポイントで解説したいと思います。

一般的なゲージ【底深タイプ】

  • 底がフラットな床になっているタイプ
  • 床材やチップを敷くことで床を軟らかくできる
  • 穴がないため足を引っかける心配がない
メリット
  • 足底や爪を金属素材の床で傷つける心配がない
  • フラットな床で体をべったとつけて寝転がれる
  • 金属素材が少ないため軽い(掲載商品は3.7㎏)
デメリット
  • ペットシートを直接敷くことにあり、モルモットがかじる可能性がある。
  • 排泄物が床に残るため汚れやすい
  • 床材代がかかる

プラスチックスノコ床のゲージ

  • プラスチックスノコが床になっている
  • 穴あきスノコで排泄物が落ちる仕組みになっている
  • スノコ(床)は取り外し可能
メリット
  • 床と排泄物が落ちる場所が分かれているため清潔を保ちやすい
  • ワイヤーメッシュスノコより穴が小さくフラットに近い
  • 錆びない素材
  • ペットシートを噛む心配はない
デメリット
  • 床と排泄物受け皿を掃除しなくてはいけない
  • ワイヤーメッシュスノコよりは排泄物が残る
  • 穴に足がひっかかる可能性がある
  • 細かい床材はおけない

ワイヤーメッシュスノコ床のゲージ

  • ワイヤーメッシュが床になっている
  • 排泄物が落ちる仕組みになっている
  • スノコ(床)は取り外し可能
メリット
  • 排泄物落下部分が多く、圧倒的に清潔を保ちやすい
  • ワイヤーメッシュは掃除がしやすい
  • 実はワイヤーメッシュでも足はひっかからない
  • ペットシートを噛む心配はない
デメリット
  • 床と排泄物受け皿を掃除しなくてはいけない
  • 休息できるようにタオルや木材でフラットな部分をつくる必要がある
  • 穴が大きめで、格子状のため足をひっけける可能性が他のものより高い
  • 金属製のため錆びる可能性がある
  • 金属使用部分が多く重い(8㎏)

このように「モルモットの清潔の保ち方」や「私たちが掃除しやすいか」、「大きさはどうか」など、どれを取るかによって選ぶゲージが違ってくると思います。

モルモットは皮膚病にかかりやすいと言われているので、体毛の生活を保つことは必要だと私たちは考えいます。

そのため、私たちはワイヤーメッシュスノコ型のゲージを使用しています。

まこまん
まこまん
補足ですが、

ワイヤーメッシュスノコは本当に排泄物が排泄物受け皿に落ちてくれるので、掃除は大変に見えてとても楽ちんです。

みのっち
みのっち
依然は底深タイプのゲージを使っていました。

しかし、床にペットシートを敷くと噛んでしまうため、ペットシートの上にフェイスタオルを2枚載せて、外さないようにテープで止めてなど労力がかかっていました。

結局タオルを洗ったり、タオルも次第に濡れるのでもじゅおも汚くなるしで悩みました。

なので、ゲージのタイプや特性をしっかりと理解して、購入することが大切です。
インターネットで前もって購入しても全く問題ないです。

なにか、わからないことや聞きたいことがあれば、「お問い合わせ」からぜひご連絡ください!

チモシーやペレット

モルちゃんのご飯もペットショップによって置いてる物もバラバラです。

モルモットによっては趣味や嗜好がありますので、一概に良いものはわかりません。

そういう時にオススメなのが、少量お試しセットです。

チモシーやペレットは試しながらこれが好きそうだ!というものを見つけてあげるといいのではないかなと思います。

参考例として、もじゅおくんの食事遍歴について載せておきます。

チモシー編

  1. ペットショップで購入した一番狩り
  2. 牧草市場 スーパープレミアム チモシー 1番刈り
  3. 牧草市場 USチモシー 2番刈り 牧草 ダブルプレス
  4. 牧草市場 USチモシー 2番刈り 牧草 ソフトタイプ
  5. ホームセンターのホースグレードスーパープレミアム チモシー
  6. 牧草市場 USチモシー 3番刈り 牧草 スーパーソフト

現在は、下から二つのチモシーを混ぜて食べています。
結果として、これが好きだったのかわかりませんが、本人がよく食べるものをあげるようにしています。

そして、チモシーは硬すぎる部分は残すのですが、袋のなかの6割くらい食べればいいかなという感覚であげています。

ペレット編

  1. イースター モルモットセレクションプロ・グルテンフリー
  2. ヒカリ (Hikari) ひかりモット
  3. イースター モルモットセレクション

最初はペットショップで勧められて、「モルモットセレクションプロ」を購入したのですが、これが高くて……。
次の「ひかりモット」は格安でこれは良い!と思ったのですが食べませんでした。

インスタグラムのモルモット仲間にはこの「ひかりモット」が好きな子がいたので、結局そちらの方のお譲りしました。

そして、最終的にはモルモットセレクションで落ち着きました。これもなかなかな値段しますけどね。

エサ入れ

モルモットは餌の上に乗って食事をする習性がありますです。

なので、餌入れの高さが低く、面積が広い方が倒れたりすることがなく良いと思います。

別の記事でも紹介しましたが、ペレット入れはこれを選択して間違いはないと思います。

まこまん
まこまん
私たちは10個ほどペレット入れは試してきましたが、これ以外の良品にもう出会えないのではないかと思うほどです。

チモシー入れは、私たちはアクリルケースを使っています。

正直言うと動かしてしまいます。

そういうことがない方が良いのであれば、陶器のものや壁にセットしたりするタイプのものが良いのではないかと思います。

ウォーターボトル

まこまん
まこまん
これも実際に私たちが失敗した経験に基づいています。

最初にペットショップで購入した時は何もしらなかったのですが、帰って使用してみるとあふれるように水が出てしまい、もじゅおには合いませんでした。

みのっち
みのっち
たまたま売っていたものが合わなかっただけかもしれませんが、メタルボールが大きいウォーターボトルは毛もゲージも濡れてしますのでよくないです。

ここに紹介しているようにノズルの細いものの方がモルモットは飲みやすいと思います。

口にすっぽりと入るのでおすすめです。

ちなみに、ホームセンターでも売っていました。

爪切り

爪切りもピンキリでお店で買っても良いですし、実際にネットの口コミを見て購入しても良いかなと思います。

私たちが使用しているのはこれです。

曲がっている刃先が使いやすいので、おすすめです。

ペットシートやウェットシート

これは必ずペットショップで買わない方が良いと思います。

理由は金額のわりに内容はほとんど変わらないからです。

このような日用品は基本的にはネットでまとめて購入したり、ホームセンターやドラッグストアで購入した方がコストパフォーマンスが良い傾向にあります。

まとめ

いかがですか?

モルモットの購入の流れと準備についてイメージできましたか?

確かにペットショップでモルちゃんを購入して、その子の家を買わないのはおかしい話かもしれません。

ですが、ペットはお金がかかります。

用具やコストパフォーマンスが適切なものかを考える事は、モルモットと長く付き合っていく上で大切なことです。

経済的な部分もしっかり考慮し、家族の一員として過ごせるようにしていくことが、飼い主の責任です。

世の中には飼育の継続が難しく捨てられてしまうことも現実としてあります。

そうならないように用具選びからちゃんとしていきたいですね。