ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
モルモット

【完全版】モルモットを飼おうと思っている人が知るべき8つのこと。

まこまん
まこまん
皆さん、「おはもじゅ」です。

突然ですが、我が家には「もじゅお」というモルモットがいます。

なので、朝の挨拶はいつも「おはもじゅ」なのです。

まこまん
まこまん
前置きはここらへんでやめて……。

ふれあい広場などで見かけるモルモットって可愛いですよね。

本当に癒しです。

今回はこれからモルモットを飼ってみたいと思っている人や興味がある人に、少しでもイメージしてもらえるように「8つの項目」にまとめましたので、ぜひ読んでみてください!

完全版です!

この記事で分かること
  • モルモットの可愛さについて
  • モルモットの飼い方について
  • モルモットを飼うための準備について

⓵モルモットの癒しポイント

ふれあい広場でモルモットに触れると、丸くて、温厚で、温かくて、本当に癒されますよね。

動物園でお子さんがモルモットに触れることもあると思います。

ネズミとは言っても、そのフォルムに癒されてしまいます。

まこまん
まこまん
個人的なモルモットの癒しポイントは「5つ」あります!
  • 大きくて、触り心地が気持ちいい
  • まったりしていて癒される
  • 何とも言えない愛くるしい瞳
  • 歩き方が愛おしすぎる
  • 鳴き声がめっちゃ可愛い
まこまん
まこまん
飼い主のモルモット愛も交じっていると思いますが、こんなところではないでしょうか。
あこちゃん
あこちゃん
だいぶ、交じっている気がするね。
まこまん
まこまん
あこちゃんにも言われてしまった……。

でも、本当にモルモットは可愛いのです。

あこちゃん
あこちゃん
まぁ、鳴き声は実際に飼わないと
なかなか聞くことはできないけどなぁ

ここまで読んで、「モルモットいいな」って思った人は、これからの記事をどんどん読み進めていってください!

ですが、ふれあい広場のモルちゃんのイメージで飼おうと思ったあなたへの注意点もいくつかあります。

知っておいてほしいところに印をつけているのでぜひ見てください!

⓶モルモットの生態【注意点あり!】

性格【※必読※】

  1. 温和でまったり
  2. 好奇心旺盛
  3. 用心深い・臆病
  4. ストレスに弱い
まこまん
まこまん
だいたい、こんな感じだと思います。

ですが、大前提として理解してほしいことがあるので、下の文章は必ず読んでください!

モルモットの性格は個体差があります。
これは「しつけ」でどうにかなる問題ではありません。

多くの書籍や情報サイトでは人に慣れやすいと記載があります。

しかし、すべてのモルちゃんがふれあい広場のように触れたり、抱っこができるわけではありません。

あこちゃん
あこちゃん
一度飼うと決めたら付き合いは長くなるからなぁ。

性格については、しっかりと理解することが大切だね。

温和でまったり

モルちゃんは温和で普段からまったりと過ごしています。

タオルの上でごろんと寝転がってみたり、ぼーっと飼い主の方を見ています。

ふれあい広場でよく見るイメージです。

好奇心旺盛

部屋んぽをしていると、部屋の中を走り回る冒険家になります。
物を噛んでみたり、すみっこに入ってみたりします。
時に外に出たがってゲージを噛んでアピールします。

用心深い・臆病

用心深く、聞き慣れない物音に敏感です。

身に危機が迫ったと判断すると、

ケージの隅で丸くなったり、穴の中に隠れたりしてしまいます。

ストレスに弱い

急激な環境変化が生じると餌をたべなくなったり、水を飲まなくなることがあります。

また、無理に抱っこするなど過度なストレスがかかった際にショックを起こしたり、

慢性的なストレスによって消化不良を起こしやすいところがあります。

寿命

モルちゃんの寿命はおよそ5~7年と言われています。

思ったより長生きすると思った人も多いのではないかと思います。

まこまん
まこまん
ハムスターをイメージしている方は要注意ですね。

健康に配慮して飼育すれば長生きします。

体機能【注意点あり!】

温度【※必読※】

モルモットが「健康を維持できる気温」は17℃から26℃とされています。

そして、「限界温度」は10℃から30℃と言われています。

日本では夏場の温度管理が重要です。

ケージ床面が32℃を超えると生命に危険が及ぶといわれているため、空調で室温管理を行うか、ケージごとに冷感プレートを置く必要があります。

また、モルモットは排尿によって体温を下げます

夏場の体温調節は主に排尿に頼っているため、水分補給ができるように管理することも重要です。

ですが、多飲は下痢につながるので、まず高温にならないようにすることをオススメします。

まこまん
まこまん
我が家では常にエアコンで26~27℃に室温を保っています。
あこちゃん
あこちゃん
当然、電気代はかかるから注意だなぁ。

ビタミンCを体内で作れない【※必読※】

人間と同じでLグロノラクトンオキシターゼという酵素を持っていません。

そのため、ビタミンCを外部から摂取しなくてはなりません

なので、エサと一緒にビタミンCの補給もしましょう。

あこちゃん
あこちゃん
モルモットが実験に使われていたのは、この人間と同じ要素を持っていたことも一因しているんだ

モルモットのお食事

主食について

モルモットは草食動物です。

基本的に主食は「牧草」や「野草」で、その他では野菜や果物なども食べます。

ビタミンCを合成することができないため、ビタミンCのタブレットやリキッド、新鮮な野菜や果物もあげてください。

また、専用のペレットが販売されているので、牧草、野菜類と併用して利用するのが良いです。

  • 牧草(チモシー)
  • ペレット
  • 野草(猫草やタンポポ)
  • 野菜(水分の少ない緑黄色野菜がオススメ)
  • 果物(糖分や水分が多いのであげすぎ注意)

チモシーの種類については「コチラ」で詳しく説明しています。
野菜や果物については「コチラ」で詳しく説明しています。

与えてはいけないもの

  • ニラやネギ類
  • ニンニク
  • タマネギ類
  • ヒマワリの種
  • トウモロコシ

食べますが、たんぱく質や炭水化物、脂肪過多によって消化不良を引き起こすので注意です。

モルモットのご飯については、「コチラ」で詳しく解説していますので、飼い始めたばかりで不安がある時はご覧ください。

消化について

繊維質の消化には、盲腸及び結腸内の腸内細菌叢が必要不可欠です。

そのため、絶食に弱く、空腹になると腸内細菌が減少して体調を崩してしまいます。

まこまん
まこまん
な、なので……。

ウサギと同じようにうんちを食べるのです。

私はこの行為が好きじゃないの!!

あこちゃん
あこちゃん
うーん。

そうは言っても、生きるためには必要なんよ。

ゆるしてやんなよ。

排泄

モルモットはそこら中におしっこ、うんちをします。

トイレは基本的に覚えないと思った方が良いでしょう

なので、底がワイヤーネットで浮いているタイプの床であれば汚れませんが、普通の床の場合は体毛がおしっこで汚れやすいので注意してください。

まこまん
まこまん
いろいろ対策を講じてきましたが、現在はワイヤーネットタイプを使用しています。

ブラッシング

時期や期間は個体差がありますが、春と秋に換毛がみられます。

グルーミング(毛づくろい)で被毛を除去するのですが、長毛種は毛球症になることもあります。

猫のように吐き出すことができないため、毛球症から腸閉塞(毛玉で腸が詰まる)を起こす可能性があるので注意してください。

ブラッシングを嫌がるモルちゃんもいるため、日頃より慣らしておく必要があります。

⓷モルモットには種類があります

まこまん
まこまん
モルモットは意外と種類が多いのを知っていますか?

日本に流通しているモルモットの多くはミックス(雑種)であることが多く、ペットショップ等でもその種類にもっとも近い品種名が割り当てられる場合が多いのです。

もじゅおくんもアビシニアンと言われていますが、お尻は長毛なので他の血も交じっていると思います。

あこちゃん
あこちゃん
モルモットの種類分けはこんな感じだね。
  • イングリッシュ(直毛短毛種・最も一般的な品種)
  • アビシニアン(中毛種・全身にロゼットと呼ばれるつむじを持つ)
  • シェルティ(直毛長毛種・頭部と脇が長くなる)
  • ペルビアン(直毛長毛種・頭部と背の毛が長くなる)
  • テディ(ティディとも。縮れ毛の短毛種)
  • レックス(縮れ毛の短毛種だが、テディとは違う遺伝子で生じる)
  • テッセル(縮れ毛長毛種)
  • クレステッド(クレスト、梵天とも。頭部につむじを持つ短毛種)
  • スキニーギニアピッグ(スキニーとも。無毛か、頭部や手足に少量の縮れ毛を持つ)

詳しいモルモットの種類の説明は「コチラ」からご覧ください。

⓸初心者にオススメしないモルモットの種類

これからモルモットを飼いたいと思っている方へオススメしないモルモットもいくつかあるので紹介します。

  • シェルティ
  • ぺルビアン

長毛種は体毛を清潔に保つのが難しいです。
そのため、短毛で汚れずらい種類のモルモットをオススメします。

また、モルモットは診察してくれる獣医さんが少ないのも注意点です。

⓹飼育する際にこれは揃えましょう

必須アイテム

私たちが使用しているものをメインに紹介していきます。

ゲージ

モルモットを飼う上では欠かせません!

ゲージを選ぶ時はたくさん悩みましょう。
大きさ、タイプも様々です。

まこまん
まこまん
引っ越しをする時、おうち選びでたくさん内見しますよね?

モルちゃんも同じです。

ゲージについて細かく書いている記事がありますので、「コチラ」もチェックしてみてください。

空調設備や冷感プレート

もう、夏は基本的にはエアコンが必要と思ってください。

冷感プレートもありますが、嫌がって乗らない子もいます。

しっかり、室温を管理してあげましょう。

電球ヒーターや電気ヒーター


まこまん
まこまん
我が家は冬は就寝時に暖房は使用しません。
あこちゃん
あこちゃん
でも、寒さにはやや強いモルちゃんとはいえ、暖房なしでは凍えちまうぜ。
まこまん
まこまん
なので、冬季はこの二つの道具を使用して、室温を19~20℃以下にはならないようにしています。

ペットシート

正直これは好みです。

私たちはいつもネットではなく、左の市販のものを使っています。
これはタオルの下に敷いてもくっつかないというメリットがあったのと、45×33㎝の物が好きなのでこれを使用しています。

ワイヤーメッシュスノコに変わってタオルを敷かなくなったので、そろそろ他のペットシートも検討してみようと思っています。

ウォーターボトル

モルモットは水分補給が大切なので、掃除がしやすいものが良いです。

また、メタルボールが大きすぎるタイプは水がたくさん出て毛が濡れてしまうので注意です。

まこまん
まこまん
モルモット用と言われてウォーターボトルをペットショップで買ったのですが、水が出すぎてしまいました。

結局、このタイプを買いなおしました。

チモシー入れ

まず大前提として、モルモットはエサの上に乗って食事をすることは説明しました。

チモシー入れはたくさんのタイプが販売されています。

ですが、結局エサの上に乗ろうとするため、倒れてしまいます。

まこまん
まこまん
なので、私たちは浅めのアクリル容器にチモシーを置くことにしました。

チモシーは変える頻度も多いですし、拭けば清潔が保てるのでこれにいきつきました。


分かりずらいのですが、下の容器がアクリルのお皿です。

ペレット入れ

モルモットはエサの上に乗ってご飯を食べますので、お皿が動いてしまいます。

ですが、このお皿は重いので動かすことができません。

そして、「低め」、「ステンレス製」、「掃除がしやすい」ので我が家はこのお皿一択です。

これを買えば基本的に間違いないと思います。

チモシー

我が家は牧草市場を愛用しています。

ホームセンターなどでもチモシーは販売されているので、いろいろ試して好みを見つけるのが良いと思います。

細かいチモシーの種類は「コチラ」をご覧ください。

ペレット

こちらも好みがありますので、いろいろ試してみてください。

我が家はモルモットセレクションを使用しています。

ビタミンC

爪切り

我が家のもじゅおくんは抱っこが苦手で暴れるため、きれいに切れるこの爪切りを重宝しています。

あると便利

温度計

室温だけでは心配な冬の期間は、この室内外両用の温度計が活躍します。

これをゲージの中にセットして、ヒーターで室温を管理しています。

タオル

モルモット用に汚れてもよいタオルがあると良いです。

他にも体温を保つように、毛布生地のものなどを用意してもよいと思います。

コテージ

気分転換に使用できます。

ステップ

このようにホームセンターの道具でも作ることができます。

モルモットはポップコーンジャンプという跳ねるような愛くるしいジャンプを見せてくれるのですが、跳躍力がないため、ステップがあるとゲージの中に入りやすいです。

まこまん
まこまん
もじゅおくんは、先ほど紹介したゲージにはジャンプして入っています。

おやつ

いろんな種類がありますが、もじゅおくんの大好物は青パパイヤ(乾燥パパイヤ)です。

ドライシャンプー

良い匂いになります。少しお高いです。

ウェットシート


あれば何かと便利です。

定期おトク便購入で、さらに安く手に入るので重宝しています。

クエン酸

モルモットの掃除で隠れた仕事人が、このクエン酸です。

100円ショップのもので問題ありません。

使用方法については、「コチラ」の記事で紹介しています。

⓺日常生活

ゲージの掃除

これは基本的に毎日することをオススメします

モルモットはところかまわず排泄をするので、体毛がおしっこで汚れやすいのです。

また、毎日掃除をしないと匂いもさすがに気になります。

うんちは幸い硬いので、うんちによる汚れは実はほとんどありません。
ですが、おしっこでぬれると溶けて汚れてしまいます。

また、モルモットのおしっこは時間がたつと石灰化して固まります。
その時は、クエン酸を溶かしたスプレーを吹きかけてみてください。
一瞬で溶けるのでオススメです。

えさやり

これも毎日です

モルモットはエサの上に乗って食事をする習性があります。
そのため、エサやお皿が汚れてしまいます。

また、時間がたったチモシーなどを食べない性格の子もいます。

我が家は一日最低3回、チモシーの交換をしています。
また、ペレットは朝と夕方の2回あげています。

それ以外でパセリやニンジンなどの野菜も食べますので、間食にあげましょう。

ですが、基本は牧草ということだけは忘れないでください

部屋んぽ

一日30分~1時間以上をオススメします。

モルモットもゲージの中だけではストレスが溜まってしまいますので、走り回れる環境を用意してあげましょう。

お風呂

これはできる人とできない人がいると思います。

我が家のもじゅおくんは抱っこが嫌いなので、基本はウェットシートで拭くだけです。

しかし、汚れがひどくなったら洗面所で洗ってしまいます。

爪切り【※必読※】

モルモットは爪が伸びます

そのため、時々爪を切りましょう。

爪が割れたりすることで細菌が入ってしまう可能性もあります。

⓻初期費用とランニングコストはこれくらい【※必読※】

初期費用

これだけは揃えたい必須アイテムをすべて含めた金額です。

安く見積もれば、約25000円だと思います。

品種をこだわったり、ゲージを大きくするなら約45000円ほどはかかると思います。

まこまん
まこまん
しかし、あると便利なものまでは計算に入れていないので、これよりは高くなると思っていた方が良いですよ。

初期費用の内訳は「コチラ」で詳しく解説しています。

ランニングコスト

1ヵ月 エサやペットシート代約3000円+電気代+野菜代 はかかると思っていた方が良いと思います。

まこまん
まこまん
どんなペットもそうですが、お金はかかります。

なので、ここはしっかりと計算した上でモルちゃんの購入を検討しましょう。

あこちゃん
あこちゃん
マジで、モルモットってエサ代とか結構かかるんだよなぁ。

⓼診察してくれる病院は多くない【※必読※】

モルモットのように「エキゾチックアニマル」と呼ばれるペットは診察してくれる獣医が少ないです。

そのため、病気になる前からどの動物病院に行けばいいのか把握しておくことが大切です。

いざという時に、近くになかったり、対応していないとなると大変です。

飼い主の責任として把握しておきましょう。

【最後に】モルモットを飼う絶対的な原則【※絶対見てください※】

これはモルモットに限ったことではありませんが、自宅にペットを迎えるということはあなたの生活に制限をかけることに繋がります。

「これから仕事を頑張るぞ」
「これ以上生活の負担は増やせない」
「時々旅行に行くのが趣味です」

これらの人はペットを飼うのは絶対に辞めた方がいいと思います。

説明済みですが、モルモットの飼育は毎日ゲージの掃除をすることが必要です。
さらに毎日エサの交換が必要になります。

これは絶対に避けて通ることはできません。

つまり、旅行に行くためには、誰かに飼育を依頼しなくてはなりません。
ですが、モルモットは環境の変化に弱い点もあります。

正直に話せば、日常生活のケアなら犬猫よりはるかに労力が必要になるでしょう。
また、必ず懐くとは言えないモルモット特有の難しさもあります。

まこまん
まこまん
これらを理解していただき、可愛いモルちゃんと暮らしていただけたら幸いです。

※今回の記事は、一部を日本獣医師会 学校飼育動物の診療ハンドブックを参考にして記載しています※