ナースパパ&アートママの夫婦ブログ
楽しく学ぶ、楽しく育つをモットーに!
自己啓発

【アラジン】SNSは魔法のランプ?今の時代こそ『自分軸』が大切

まこまん
まこまん
みなさん、こんにちは。

久しぶりのディズニーシリーズをやりたいと思います。

今回はみなさんお馴染みの『アラジン』です。

現代はSNSが盛んで、誰でも情報発信ができるようになりました。

その時に、キャラクターを作ってネット上で活動されている方もいると思います。

誰にでもなれる現代で、私たちが大切にしなくてはいけないことはなんでしょう。

今回、『アラジン』をみて、学んだことについてお話ししていきたいと思います。

こんな人に読んでほしい
  • SNSに疲れてしまっている人
  • 自分を偽ることに嫌気がさしている人
  • SNSでの今後の活動に悩んでいる人

【ネタバレ注意】アラジンのお話し

  1. 砂漠の王国アグラバーに貧しくも清らかな心を持った青年アラジンが暮らしていた。
    一方、国の法律に嫌気がさしていた王女ジャスミンは王宮を抜け出すことを決意する。
  2. 市民の生活に無知なジャスミンは、市場で泥棒の濡れ衣を着せらてしまうが、アラジンに助けられたことで心を通わせる。
  3. だが、アラジンは誘拐犯として牢屋に入れられてしまう。しかし、これは国の支配を企む国務大臣のジャファーを策略であり、魔法の洞窟からランプを取って来ること条件にアラジンを脱獄させるのであった。
  4. アラジンは魔法の洞窟で魔法の絨毯に出会い、魔法の絨毯の協力でランプを手に入れる。その後、ジャファーの罠にはめられるが、アラジンはひょんなことからランプの魔人ジーニーの主人となる。
  5. ジーニーは「どんな願いも3つだけ叶えてあげよう」と言う。
    アラジンは、自由を求めるジーニーに対して「最後の願いで君を自由にする」と約束し、1つ目の願いとして、王子としか結婚が許されていないジャスミンとの恋を叶えるためアリ王子に変身することを願い、王宮へと向かう。
  6. ジャスミンはアリ王子もまったく相手にしなかったが、「一緒に広い世界を見に行こう」という誘いに乗って魔法の絨毯で世界中を旅するうちに惹かれていく。途中で不注意からアラジンの正体がバレそうになるが、とっさに嘘をつき、ジャスミンの共感を得て両想いとなる。
  7. アリ王子として現れたアラジンを邪魔に思ったジャファーは、アリ王子を暗殺しようと目論むがジーニーの2つ目の願いでアラジンは命を救われる。それと同時にアラジンとジーニーは固い友情で結ばれた。
  8. アリ王子の暗殺に失敗したジャファーは失脚し、アリ王子はジャスミンの結婚相手として大々的に告知される。しかし、アラジンは王子でないことがばれたらジャスミンに嫌われてしまうと不安を感じ、ジーニーに「君を自由にはできない」と言い出す。
  9. しかし、その間に魔法のランプをジャファーに奪われ、ジャファーは願いで自らをアグラバーの支配者・世界一の魔法使いにしてしまう。
  10. ジャファーの手強い魔法に追い詰められるアラジンであったが、最後は閃いた作戦でジャファーを退け、アグラバーの平和を取り戻した。
  11. その後、アラジンはジャスミンに嘘をついたことを謝罪して反省し、最後の願いでジーニーをランプから解放し、自由になったジーニーはアラジンと別れて旅立つのであった。
  12. アラジンのアグラバーを救った勇気に感動した国王はジャスミンとの婚約を認め、アラジンとジャスミンは結ばれたのでした。
まこまん
まこまん
長くなりましたが、大まかなストーリーです。

それではここからアラジンについて考えていきましょう。

あなたの人生だ!自分軸を大切にしよう

私がアラジンを見て思ったことは、『願いが叶う魔法のランプで偽る自分との闘い』です。

アラジンはジャスミンと結婚するために魔法のランプを使い、自分ではない偽りの自分を演じることを選択します。

しかし、その道の先には『本当のことがばれる恐怖』、『偽る自分への罪悪感』が待っていました。

アラジンはジーニーに「最後の願いで君を自由にする」と言うような、貧しいながらも心清らかな青年でした。

しかし、自分を偽りだすとそうはいかなくなります。

親友との約束を破ってまで自分を偽ることを選択しなくてはならなくなるのです。

まこまん
まこまん
この時のアラジンは自分軸が完全にぶれてしまっているなと感じました。

ジャスミンがアラジンに惹かれたものはなんだったのか?

あなた自身の魅力をあなた自身が奪ってしまうのはもったいないです。

相手が求めるものに自分を合わせだすと、うまくいかないことがたくさん出てきます。

水溜りボンドのカンタさんとマコなり社長さんの対談動画でこんなことを話していました。

カンタさん
一般の方がどう思うかを意識しすぎると、そんな面白くなくなってっちゃうんですよね』

マコなり社長さん
『自分が「これ面白いな」「やってみたいな」って思うのがあくまで自分の普通であって、他人の普通にあわせちゃったらやっぱりダメですよね』

↓動画はコチラ↓
『むしろ「普通」が成功する。水溜りボンド・カンタの人生を変えたスキルとは』

他人に合わせ続けると、いつの間にか自分でない自分を演じなくてはならなくなります。

すると、人間の心理は不思議な事にそれを捉えます。

偽りがバレれば、人は失望するかもしれません。

嘘をつかれていたと思うかもしれません。

自分軸でいないとこんなことが起きてしまいます。

偽りのない自分で生きていきましょう。

あなたの人生はあなたのものです。

自分軸を大切にして生きていきましょう!

SNSはなんでもなれちゃう!まるで魔法のランプ

今回、アラジン視聴後にこの記事を書いている時に、SNSについていろいろ考えました。

SNSってすごいですよね。

ネット上にもう一人の自分を作ることもできます。

偽りの自分を簡単に作ることができるのです。

つまり、本人で活動することもできるし、キャラを作って活動することもできるということです。

この時に、SNSは魔法のランプみたいなツールだなと感じました。

まこまん
まこまん
これに置き換えるとキャラクターで活動されている人を否定するみたいに聞こえるかもしれませんが、使い方は人それぞれなのでキャラクターで活動している人を否定するつもりはありません。

ですが、長くSNSで活躍されている人は、やっぱり自分軸がしっかりしているなと感じます。

自分が面白いものを、自分が正しいと思うものを発信し続けていると感じました。

私たちは顔出ししていないだけでキャラクターは演じていませんが、SNSにはこんな怖さもあるんだなと再確認しました。

多くの人は演じている

さて、ここまで自分軸についてお話ししてきました。

ですが、やっぱり日本人は周りの目を気にしがちですね。

他人の目を気にして、自分らしさを殺している人がたくさんいると思います。

夫婦生活で良い旦那、妻を演じたりしていませんか?

幼少期に良い子どもを演じたりしていませんでしたか?

SNS上で自分とは違う自分を演じたりしていませんか?

そして、それに疲れてしまった経験はありませんか?

アラジンはまさにそうでしたね。

仕事でも自分を偽っている人がたくさんいると思います。

ですが、それは誰のためにしていることなんでしょうか?

他人軸になっていませんか?

私たちは大人になっていくと我慢や忖度を覚えます。

特に新社会人ならなおさらです。

ですが、そのまま歳をとっていくのってもったいないと思いませんか?

先ほどもお話ししましたが、あなたの人生はあなたのものです。

他人に合わせていたらつまらないです。

そして、偽りは必ずひずみを生みます。

自分らしく生きたらダメなことは一つもありません。

自分が信じたものを信じてあげられるのも自分自身です。

新社会人を終えて少し時間にゆとりが出てきた時、ふと考えてみてください。

自分ってなんだろうって。

大切なのは、自分軸をしっかりと持って、周りに影響を与える人になりましょうということです。

他人軸に合わせず、自分軸をしっかりと持ちましょう。

世界はあなたらしさを求めている!

さて、ここまでお話ししてきましたが、こんな現代だからこそ『あなたらしさ』が大切です。

今までのように誰かと足並みを揃えて過ごしていく時代は終わりました。

これからはクリエイティブな思考で、いろいろなものが生み出されていく時代になっていきます。

そんな世の中を過ごす時に、他人に合わせるだけでは通用しません。

アラジンは偽った自分を反省し、ジャスミンにちゃんと謝罪をしました。

自分自身を誇張したり、偽ったりする必要は一切ありません。

もし今偽りの最中にいるのであれば、ちゃんと反省して進めばいいのです。

なぜなら、世界は「あなた」を求めています。

自分軸を大切にして生きていきましょう!

関連記事

【シンデレラ】『純粋さ』より『純粋さを演出する』戦略が勝つ法則